South Island(癒しの楽園)

南の島(South Island)に憧憬と哀悼の感情を持って、癒しの楽園を探して、日々の日記を綴る。 中島栄次郎、ならびに、戦没者に哀悼の意を表します。癒しの楽園は、どこにあるのかわからないが、いつか、生きとし生けるもの、死せるものが、癒しの楽園に辿りつけますように。 ☆☆☆注) 中島栄次郎は、小生の母の叔父になります。母と母の妹が、中島栄次郎の著作物を自費出版したのが、『中島栄次郎著作選』です。中島栄次郎は、京都大学の田辺元のもとで、『ニイチェの研究』をしていました。大学の同期には、 松下武雄、久野収がいました。1年上の先輩には野田又夫がおられ、 中島栄次郎のライバルでした。当時、毎日新聞の文芸評論を書いていました。そのときの担当記者が、井上靖でした。後に井上靖は小説家になられました。中島栄次郎は、『コギト』の同人で、伊東静雄、田中克己たちとも交流がありました。 中島栄次郎は、戦時中は、統制化にあり、自由にものを書くことができませんでした。中島栄次郎は、一兵卒として、フィリピンのルソン島マニラ郊外の山地で戦死しました。☆

2014年08月

奈良町散歩とバサラ祭り

今日は、知人と駅に9時半に待合せして、奈良に行った。
奈良に10時過ぎに着き、2時間ほど、奈良町を散歩した。
奈良町資料館や、昔の民家などを見た。
奈良町のカフェで、焼き立てのメロンパンとアイスコーヒーを食べた。
奈良公園(県庁前)で、バサラ祭りのステージで、和太鼓の演奏などを見てから、
山崎屋の奈良漬を買いに行くと太鼓の音が聞こえたので、
その方向に行くと、バサラ祭りのパレードがいてたので、しばらく、見た。

今日は、風が少しあり、いい天気であった。
夏休み、最後の日曜日、家族れも多かった。 
外国人も多かった。 


元気いっぱいバサラ祭り 奈良で開幕
http://www.yomiuri.co.jp/local/nara/news/20140830-OYTNT50335.html

県庁伐折羅 2014・バサラ祭り JR奈良東ステージ
YouTube: 県庁伐折羅 2014・バサラ祭り JR奈良東ステージ

世界初となる“愛”を持ったパーソナルロボット「Pepper」

6月5日の記事で、古いですが、アップします。

ソフトバンク、世界初となる“愛”を持ったパーソナルロボット「Pepper」発売へ
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1406/05/news107.html

ソフトバンクは、「世界初」(同社)をうたう感情を持ったパーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」を発表。19万8000円で、2015年2月から一般販売を開始する。また、2014年6月6日より、一般販売に先駆け、ソフトバンクショップ銀座店、表参道店に、実際に配備され、接客対応などを行うという。

 Pepperの特徴は大きく2つある。1つは、人間の表情や声などから感情を数値化して、自律的にそれを学習する「感情エンジン」を搭載している点だ。例えば、Pepperが何か手伝いをしてくれた際に、満面の笑みで「ありがとう!」とPepperに伝えると、表情と声からその行為が良かったものだと認識し学習する。逆に、「だめじゃないか!」と怒られると、同じく表情と声からその行為が悪いものだったと認識して学習する。

 もう1つは「クラウドAI」だ。Pepperはインターネットに接続されており、前述の学習結果をクラウドAIにアップロードする。それも全てを記録するのではなく、感情の振れ幅が大きかったもの(喜ばれた/怒られた結果)を重点的に記録するよう設計されている。このクラウドAIに、各家庭や店舗などに配備された複数のPepperからの学習結果が記録されることとなり、それを集合知として利用・フィードバックする。そうすることで、Pepperの加速度的な成長・進化が可能になるという。ちなみに、家庭内での利用の場合、「プライベートモード」で動作し、プライバシーを保護した状態でクラウドAIと連携するそうだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
感情エンジンとクラウドAIが特徴だそうだ。
まだ、Pepper君に会ってないので、わからないが、動画では、見てます。
Pepper君のいるソフトバンクの店も限られるので、まだ、見てません。
プログラムによる泥縄式のAIでも、クラウドにより情報が、蓄積されると、進化していくのか?
足が2足歩行になってないのは、電池のもちをよくするためだそうだ。
仏アルデバラン社の最新モデルが、100万円(
http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1407/11/news086.html )と比べると20万円という価格は、安いのか?

●21世紀の高価なオモチャか、世界を変える第一歩か
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kyokai/20140609_652355.html

ロボットのペッパーが大阪初登場 グランフロント
YouTube: ロボットのペッパーが大阪初登場 グランフロント

Pepper、Jibo、ディープラーニング

Trailer oficial Jibo ESPAÑOL 2014
YouTube: Trailer oficial Jibo ESPAÑOL 2014

Pepper、Jibo、ディープラーニング・・・人間と会話するAI技術は今、どこまで進んでいるか

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39927

人と会話したり、日常生活の手伝いをする「人間性を帯びたロボット」への関心が高まっている。先月、ソフトバンクがその先駆けとなる「Pepper(ペッパー)」を発表したのに続き、今月は米MIT Media Laboratory(メディアラボ)の研究者が同様のロボット「Jibo」の開発計画を明らかにした。ペッパーは来年前半、Jiboは来年から再来年にかけて発売される予定という。

●ディープ・ラーニングとは、要するに人間の頭脳を構成する無数の神経細胞のメカニズムを、従来よりも正確に模倣した新種のニューラルネットワーク技術のこと。

●このディープラーニングでの応用例もあるが、創造性のある会話は、できない。

それとは逆に、あらかじめ記憶装置内に用意した定型文を、状況に応じてロボットに発話させるような泥縄式のやり方に頼るしかない。これは「テンプレート・マッチング」と呼ばれ、アップルの音声アシスタント「Siri」やソフトバンクの「ペッパー」等も、かなりの程度までこの方式に頼っている。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Pepperは、泥縄式のやり方のクラウドAI(人工知能)だということが、わかりました。

Jiboは、ゲゲの鬼太郎の目玉おやじのような、デザインだと思った。 

『人間と会話するAI技術は今、どこまで進んでいるか』、ちょっとわかったような気になりました。

カンブリア宮殿『日本を爆発させる“大ボラのススメ”』

昨日、カンブリア宮殿を見た。
400回スペシャル『日本を爆発させる“大ボラのススメ”』
ソフトバンク社長 孫 正義
大阪大学教授  石黒 浩

Googleが、ロボットの会社を買収しているそうだ。
ロボットの頭脳としてのOS(オペレーティング・システム)などプラットホームを開発しようとしているそうだ。

ソフトバンクも、ロボットのプラットホームを開発してるそうだ。
来年、20万円ぐらいで売り出すそうだ。
普通の家庭に、ロボットが、普及するのに、孫社長は、30年、
石黒教授は、もっと、早いかもしれないと言っていた。

ロボットは、簡単にプログラミングして、動作できるそうだ。
面白そうだ。結構、買う人もいるかもしれない。

テレビで、テレノイド(赤ちゃん型ロボット?)が出ていて、人間が遠隔操作するもので、認知症の人とのコミュニケーションがとれるそうだ。認知症の治療につながるかもしれない。

iPhoneを中国で製造している鴻海(ほんはい)は、もう、人では、製造できなくて、ロボットで製造しているそうだ。

既に、産業用ロボットは、多くあるが、家庭の中まで、同じプラットホームのロボットが普及し、大量生産されると、パソコンのように身近になるのかもしれない。

日本の労働人口減少をロボットで、補えるかもしれないと言っていた。

10億台のロボットを作れば、中国を超えられるかもしれないと孫社長は、大ボラを吹きまくった。

孫社長のフロンティア精神に、脱帽だった。

SF映画のような時代が来るのかなあ?

http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/backnumber/20140731.html

カンブリア宮殿 Ryu's eye(ソフトバンク社長・孫正義)
YouTube: カンブリア宮殿 Ryu's eye(ソフトバンク社長・孫正義)

ギャラリー
  • 20200531(日)今日の晩御飯
  • 20200530(土)今日の晩御飯
  • 20200524(日)今日の晩御飯
  • 20200523(日)あやめの花が咲いてます。
  • 20200523(土)今日の晩御飯
  • 20200517(日)今日の晩御飯
  • 20200516(土)今日のお買い物
  • 20200516(土)今日の晩御飯
  • 20200510(日)今日の晩御飯
記事検索
アーカイブ
  • ライブドアブログ